Philippines News
フィリピンニュース

News Detail ニュース詳細

フィリピン、コロナ禍でも40万人が集まったカトリック教会‥なぜ?

2021.01.12

フィリピン旅行に関する最新情報をお届けするミッドパックツアーです。
新型コロナ及びフィリピン旅行に関する最新ニュースです。
----------------------------------------------------------------



連日、1日の感染者が2000人と、 コロナウイルス感染症(以下、コロナ19)の終息の兆しが見えないフィリピン。
政府による強力な『ソーシャルディスタンス』が施行され、1日感染者数が6,000人を超えていた昨年8月に比べて、その数字が落ち着いてはいるものの、まだ油断が許されない状況が続いている。

1月9日、現地メディアなどによると、コロナ19の拡大が懸念されているにもかかわらず、フィリピン·マニラで行われた『ブラック·ナザレ(Black Nazarene)』ミサに少なくとも40万人が駆け付けたという。

ミサとは、カトリック教会においてパンとぶどう酒を聖別して聖体の秘跡が行われる典礼。

同日午前4時30分からマニラのキアポ聖堂で15回にわたって行われたブラックナザレミサには、一度に400人だけが入場できたが、多くのカトリック信者が聖堂の前に集まり、大型スクリーンを通して『黒いイエス像』を見守ったようだ。

現場には、社会的距離を保つため、警察官数千人が配置された。

ブラックナザレとは、スペイン植民地時代の1606年、宣教師らがメキシコからフィリピンに運んできた十字架を背負った実物大の木造イエス像で、当時、船舶に火災が起き、黒く焼けたため、 ブラックナザレと命名されたという。

国民の80%以上がカトリック信者であるフィリピンでは、 ブラックナザレに治癒の力があると信じている。

また、毎年1月9日には ブラックナザレを担いで7kmほど行進する祭りが開催されるが、多くの死傷者が出ることでも知られている。

しかし、今年はコロナ19で行進やオフラインでのミサは取りやめ、SNSなどで生中継されるオンラインミサに参加するよう、当局は呼びかけた。


株式会社セイムコーポレーション (ミッドパックツアーズ)
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1-34 プラザお茶の水ビル501号
代表番号:03-3518-9636  
ミッドパックツアーセンター:03-3518-9581
FAX:03-3518-9637
メールフォーム問い合わせ

  ニュース一覧へ


Pick Up News おすすめ記事